「Djangoという言葉を聞いたことがあるけど、どういう技術なのか知りたい・・・」

「Djangoはフリーランスエンジニアにとって必要な技術なのか・・・」

開発エンジニア、フリーランスエンジニア等の方で、Djangoというキーワードに興味があって注目しているが、どのような技術で、どの程度重要なスキルなのか疑問に思っている方も多いでしょう。

Djangoは、PythonでWebアプリケーションを開発する際に使用されるフレームワークであり、プログラミング言語としてPythonが普及していくと共に、Djangoの重要性もどんどん増していく事でしょう。

開発エンジニアやフリーランスエンジニア等の方は、ぜひこの機会に注目されているDjangoについて理解を深めておくことをおすすめします。

この記事では、Djangoに関して、エンジニアの方々が習得すべき様々な情報を紹介していきます。

開発エンジニアやフリーランスエンジニア等の方でDjangoに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Djangoとは

Djangoの読み方は「ジャンゴ」と言います。Pythonというプログラミング言語でアプリケーション開発をおこなう際によく利用されるフレームワークです。

Python自体が人気のプログラミング言語であるため、Pythonによるアプリケーション開発がさらに普及すれば、Djangoの注目度もますます上がってくることでしょう。

Pythonとは

Python(パイソン)とは、現在最も人気のあるプログラミング言語の1つです。Webアプリケーションの開発に向いており、特に他のプログラミング言語と比べてシンプルで短いコードを記述するだけで実装できるという特徴があります。

他のプログラミング言語と比較して取得するまでの学習時間も短いため、新しくPythonの技術を習得しようとしている人も多く、非常に注目されているプログラミング言語です。

特に近年では、AI(人工知能)の開発に多く利用され、さらに人気が高まってきています。

フレームワークとは

フレームワークとは、アプリケーション開発をする際によく利用する機能がまとまっているソフトウェアや枠組みのことです。フレームワークをベースとして利用してアプリケーション開発をすることで、全ての機能を開発する必要が無くなり、アプリケーション開発の作業時間を大幅に短縮することができます。

また、全ての機能を開発せずに済むため、コーディングミスによる無駄な不具合やバグを軽減することも可能となります。

利用の仕方はフレームワークによって異なるため、プログラミング言語とは別に、利用するフレームワークの利用の仕方も覚える必要があります。

Djangoを使うメリット

では、Djangoを使うと具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。Djangoを使う具体的なメリットを紹介していきます。

処理速度を速くすることが期待できる

Djangoでは、memcachedという分散型のキャッシュ機能が搭載されています。

キャッシュ機能とは、データを利用する際にデータベースに問い合わせるのではなく、一部のデータをメモリ内に保管しておき、データベースに問い合わせる回数を減らすことで処理を高速化させる仕組みです。

このキャッシュ機能を利用することでアプリケーションの処理速度を速くすることが期待できます。

便利な機能が多く揃っている

Djangoでは、Webアプリケーションでよく利用される「ユーザー認証」「管理画面」「サイト案内」「RSSフィード」などの機能が全て揃っています。

そのため、Djangoを利用すれば、一般的にWebアプリケーションとして必要な部分の機能は気にする必要が無くなり、開発するWebアプリケーション独自のサービス開発に注力することが可能となります。

習得の容易さ

Djangoは他のフレームワークと同じく、分かりやすい利用方法として作られています。そのため、利用したことが無いエンジニアの方でも、すぐに利用方法を習得することができます。

また、多くの有名のWebシステムでも採用されており、インターネット上に多くの技術情報やノウハウがありますので、分からない点も調べて容易に解決することができます。

アプリケーションの共有が簡単

Djangoでは、アプリケーションの再利用を想定して作成することができるため、一度作ったアプリケーションを再利用して、新しいアプリケーション開発をはじめることが可能です。

さらに、作成したアプリケーションを他メンバーや取引先のお客様等へ簡単に共有することも可能です。

同じような機能を何度も作成する必要が無くなるため、より良いアプリケーションを開発するために便利な機能であると言えるでしょう。

Djangoを使うデメリット

ここまでDjangoを使うメリットを紹介してきましたが、Djangoを使うデメリットもいくつかあります。Djangoの利用を検討している方は、ぜひデメリットも認識した上で利用するかどうかを検討することをおすすめします。

全てを完全に把握するのは困難

メリットでも紹介しましたが、DjangoはWebアプリケーションでよく利用される便利な機能が多く準備されています。多くの機能があるため、利用する上では非常に便利なのですが、全ての機能を覚えるにはかなりの時間が必要となってしまいます。

Webアプリケーション開発やフレームワークの利用に慣れており、エンジニアとして経験豊富な方であれば、全ての機能を理解することも可能です。一方で、まだ経験が浅いエンジニアの方であれば、全ての機能を把握するのは時間を要するため、一度に全てを理解しようとせずに、使う機能を1つずつ習得していくように心掛けましょう。

セキュリティ対応の意識が必要

Djangoのオブジェクト関係マッピング(ORM)では、Active Recordのパターンが採用されています。そのため、データベースを利用する際に、複雑な問い合わせに対するSQL文の実行は難しくありませんが、セキュリティ面に関して配慮した対応が必要となります。

また、メリットで紹介したmemcachedという分散型のキャッシュ機能についても、便利な機能ではありますが、外部からキャッシュ内のデータを狙った攻撃を受ける可能性もゼロではありません。

しかし、Djangoでは、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングの脆弱性といったWebアプリケーションで必要となるセキュリティ対応は実施されています。

複雑なシステムで無ければ、そこまで意識する必要はありませんが、Djangoを利用してアプリケーション開発を行う場合には、ある程度のセキュリティに関する知識があると良いでしょう。

フリーランスエンジニアへのDjangoの影響

Pythonを利用したアプリケーション開発の案件は多くあり、フリーランスエンジニアの方であれば、Pythonの技術を習得しようと検討している方が多くいると思います。

Pythonを利用したアプリケーション開発の案件は、一般的には月60~80万の単価帯が多くあります。以前はもっと高い単価帯でしたが、習得しやすいプログラミング言語のため、Pythonで開発をおこなえるエンジニア数が以前よりも少しずつ増えてきたことが影響しています。

しかし、現在でも月100万前後の案件もあります。フリーランスエンジニアの方であれば、より高単価な案件へ参画したいと考えるでしょう。

では、高単価な案件へ参画できる可能性を高めるためにはどうすれば良いのでしょうか。答えは、他のPython技術者には無い付加価値となるスキルを身に付けることです。

Pythonの案件での付加価値として非常に有効となるのが、Djangoのスキル習得です。多くのPythonの案件でもフレームワークとしてDjangoが採用されています。そのため、プログラミング言語だけではなく、フレームワークのスキルも習得していることはフリーランスエンジニアとして大きなメリットになります。

Pythonの開発を経験した方やこれからPythonを習得しようと検討しているフリーランスエンジニアの方は、ぜひDjangoのスキルも習得することがおすすめします。Djangoのスキルを習得することで、エンジニアとしてステップアップすることができるでしょう。

まとめ

Djangoとは何かの紹介から、Djangoのメリットやデメリット、フリーランスエンジニアへの影響等について紹介してきましたが、いかがでしょうか。

Djangoは、PythonでWebアプリケーションを開発する際に使用されるフレームワークであり、Pythonが普及していく中で、Djangoの重要性もどんどん増していくことが見込まれています。

ぜひこの機会にDjangoに対する理解を深めて、より価値の高いエンジニアへと成長していくことをおすすめします。