現在のPHPの需要状況

Webによる調査で人気言語のランキングを示す TIOBE Indexを確認すると、2021年度9月時点で、PHPは、9位に位置しています。上位のランキングはあまり変動しないことや、iOSのプログラミング言語のGOや、Webアプリケーションで使われるRubyよりも高い順位にあることは、実際に業務で使われている言語としてPHPは定着しているといえます。

出典:TIOBE Index 

PHPは、WebアプリケーションにおいてUI/UXに近いフロントエンド開発で使われます。昨今の企業サイトの充実、ブログやランディングページ、そこで使用される広告など、Webマーケティングの隆盛もあり、Webアプリケーションの需要は豊富にあります。

CMSで有名なWordPressのプラグイン開発やカスタマイズでPHPが使われています。このように、現在のWebサービスの多くで使われているのがPHP言語です。

また、Webアプリケーションは、パソコンのみで作業できることから、他のアプリケーション開発と違い大きな機材なども不要となり、フリーランス向けであると言われています。PHPの需要について、紹介していきましょう。

PHPの需要が高い理由

PHPの需要が高い背景は、

 1.わかりやすいプログラミング言語

 2.ECサイトの隆盛

 3.マーケティングにおけるWebページの重要性の増加

の3つが考えられます。それぞれ、解説していきましょう。

わかりやすいプログラミング言語

PHP言語は他の言語と比べて、文法がわかりやすいといわれます。

その為、未経験の方でも勉強がしやすく、またWebアプリケーションのフロントエンド開発は、Webページという目に見える部分の開発になりますので、成果も実感しやすいといわれます。PHP言語は初心者向けの言語といえるでしょう。

ECサイトの隆盛

昨今のデジタル化の進展により、あらゆる企業で、ECサイトを立ち上げることがあたりまえになりました。中小企業においても自前のECサイトを持つようになりました。以下に自社サイトに来てくれた人に、商品をアピールするか、他社と差別化するかを考える上で、表現を考える上で、PHP言語が必要です。

マーケティングにおけるWebページの重要性の増加

マーケティングにおけるWebページ、Webアプリケーションの重要性が認識されるようになりました。CMS(コンテンツマネジメントシステム)で有名なWordPressは、あらゆるWebサイト、ブログ、ECサイト、掲示板などで、使用されています。フリーなツールとして、有名ですが、特徴を出すには、カスタマイズやプラグインの流用や開発が必要になります。そこでの開発は、PHPを使用します。

PHPの将来性は?

現在、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉を聞かない日はありません。デジタル化によるインターフェースとしてWebページの重要性は増していくばかりです。

Saas の隆盛や、DXによるクラウド化の進展、またデータをクラウド上にあげてから人工知能(AI)で解析、結果をWebページで表示するようなシステムが今後増え続けていくことが予想されています。

結果の表示をいかに魅力的に表示するか、使いやすくするかといったUI/UXの観点は今後さらに必要になってくる技術といえます。Webアプリケーションのフロントエンド開発で使われるPHP言語は、初歩的な言語といえますが、実際の業務でも頻繁に使われる言語です。今後も継続的に業務で使用される、重要な言語といえます。

また、Webアプリケーションのフロントエンド開発で使われるプログラミング言語のHTML/CSS、JavaScrptの知識やデータベースの知識も今後の需要を考慮すると、必要な技術といえます。PHPと連携して、データベースからデータを抽出し、表示する。さらには、動きを加えたりすることは、UI/UXの観点から重要だからです。

Webページやデータベースを使用したWebアプリケーションの需要は豊富にあるということが予想されます。

将来に向けて身に着けておきたい最新スキル

フロントエンドエンジニアの仕事や転職に役立つ可能性がある資格には、どのようなものがあるでしょう。Webサイトなどのフロントエンドの設計に携わるフロントエンドエンジニアには、決められた資格はありません。しかしながら、資格があれば転職の際に客観的に評価される傾向にあり、未経験の方なら知識を習得していることの証明になります。フロントエンドエンジニア向けのおすすめの資格を紹介します。

PHP技術者認定試験

PHPの専門技術取得能力を正当に評価できる技術者認定試験を実施することにより、「認定者の雇用機会」や「認定者が所属する会社のビジネスチャンス」の拡大を図ることを目的としています。試験には、PHP7技術者認定初級試験 ITSS レベル1、PHP5技術者認定初級試験 ITSS レベル1、PHP5技術者認定上級・準上級試験 ITSS レベル2/3など複数あります。

出展:PHP技術者認定試験

基本情報技術者試験

情報処理推進機能が運営する試験です。ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まず基本情報技術者試験から受験することが推奨されています。しっかりとした基礎を身に付けることにより、その後の応用力の幅が格段に広がります。

出展:基本情報技術者試験

Webクリエイター能力認定試験 エキスパート/スタンダード

Webクリエイターとして、UI/UXを検討する場合は、PHPの他にもHTML/CSSの知識も必要です。試験はスタンダードとエキスパートがあります。スタンダードは、実技問題となります。HTML5をマークアップすることができるか、また、CSSを用いてHTMLの構造を維持しつつ、Webページのデザインやレイアウトを表現することができるか確認します。エキスパートはさらに加えて知識問題があります。

出典:Webクリエイター能力認定試験 エキスパート/スタンダード

PHPの案件例

実際にフリーランス専門の案件紹介サイト「BTCエージェントforエンジニア」で公開しているPHPの案件をご紹介します。

PHP案件をお探しのフリーランスエンジニアなら

『これからフリーランス』を運営する株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティングは独立系のSIであり、BTCエージェントforエンジニアというサービスを展開しています。

本サービスでは、案件紹介だけではなくキャリアアップや単価相談などフォローアップが充実していますので、是非一度ご相談いただければと思います。